自己との対話と学び①

仕事の仕方と組織設計に関しての追記。

 

自己と相似形となる組織について。

1、規律(公と私)、リーダーである自分と個である自分。

2、人に寄り添い、言葉で伝え続ける

3、全体設計と共有化

この三つを通して、まず描きたい。

1、規律について

当たり前のことができるチームでありたい。仕事とはお金をもらってプロフェッショナルとして取り組むものである。だからこそ「真剣勝負」が必要だ。そして自走していくことが大切だ。努力をしても成功するとは限らないが、努力なくして成功はない。ここに真剣という姿勢がある。そのためには、仕事へのスイッチを入れることが大切となる。昔自分のテニスもそうだった。心と体の準備をしっかりして入ったコートでは、やはり得るものが違った。本気でやるからこそ得れるものがあって、楽しいはずだ。これを求め続けたい。

そして僕に特に大切なのが、僕こそリーダーとしての自分と個人としての自分を切り分けることである。言いづらいことなんてたくさんある。がそれは個人としての僕だ。だからリーダーとしての自分でそこを乗り越える。 

2、人に寄り添い、言葉で伝え続ける。相手の力量の把握と自分のサポートの定義

自分は口下手だし、自分でいっぱいいっぱいになりやすい。つまり抱え込みやすいのだ。これをやめるためには仕事を振り分けていくこと、そして人に寄り添うことが大切である。人が成長すればそれだけ組織も成長する。いくら脳が頑張っても手足がそれについてこれなければ体全体としての動きはしょぼい。それと一緒だ。この寄り添う中が関係性が育まれるわけだからこれを推進していくことが必要だ。そしてこのとき大切ななのがその人の力量の把握と自分がどこをどれほどサポートしていくか?である。2割しかできない人に丸投げしてもそれは放置と一緒である。その上、なぜできてない?では何も変わらない。2割しかできないのであれば8割をサポートし、その人が成長していけるようにするのが役目である。そして、口下手である自分からして、「そのくらい気づいてくれ」が多くなってしまうが、それでは伝わらない。ことあるごとに上記の規律もセットだが伝え続けないといけない。わかっているだろうではわからないのだ。確認と認識の共有化をくどくしていく中で齟齬が生まれる可能性を減らしていく。

 

3、②を進めていく上で大切なのが、僕の苦手としている全体俯瞰と構造設計・スケジュール設計だ。どうしてもここをはしょりがちになってしまっているがゆえにこれまでの失敗がある。ここに僕の自己改革の道がある。「急がば回れ」「準備」だ。

先輩のPDSシートやプロジェクト管理表を使い、何が目標・成功の定義か?どういうアイデアや手順があるか?そしてリスクと対策、及びスケジュールと学びだ。亀だからこそしっかりコツコツと。バカなほど愚直にやっていく。僕だからこそやるのだ。

hello,2019.

年が明けた。

これまでは他者が常に僕の頭にあった。他者・自分ではないものを意識し、それらの形に沿って自分を形成してきた。

色々な失敗・経験を経て、今年は「自分」というものをキーワードに一年を歩んで行きたいと思う。自分の幸せ・他者の幸せ、「幸せ」というものを考えたときに、自分を大切にすること。というのが大前提にあるように映った。僕にはよくわからないこだわりや倫理観があった。自分・個人の欲みたいなものをあまり美しくないものと捉える傾向があった。

けれど気づいた。

自分を滅しての、自分の幸せや他者の幸せは、あるのかもしれないけれどとてつもなく遠いものだと。なぜならそれは時に一方的な押し付けになってしまうから。他者のことを考えているようで最後苦しむのは自分だった。そして彼・彼女に対しても何か嫌なものを感じてしまう自分がいた。だからこそキーワードは「自分」。自分を主体として考え、自分の楽しさ・自分の幸せと他者・社会をリンクさせていく。自分の人生を振り返った時、幸せだったと言いたいし、イキイキしていたい。かっこいい大人になっていたいし、彼のようにいきたいなと希望を与えられるような人間に慣れたら素敵だなと考えた時、「己」はとても大切なテーマとなる。自由の裏には責任がある。責任を真正面から受け入れるためには、自分の主体性・自由が大切となる。出ないと責任を潔く、快く受け入れらないから。

何をするにしても、決めるのは自分。

幸せか?

楽しいか?

ワクワクしているか?

それを決めるのは自分だ。他者ではないし、他者に任せるものではない。自分で考え、決め、動くのだ。

 

そして僕は行動計画まで落とし込まないとやらない人間だ。

だから自分との約束事を決める。

決まっているのは、

・一日一回の内省(楽しめたか?の確認も)

・1日一ページもしくは30分の英語だ。

言葉はコミュニケーションのツールだが、ツールと呼ぶにはあまりにも強力な力を有している。人間関係・仕事、とてつもなく大切な資源であるからこそ、しっかりこの一年向き合う。日本語と同水準まで持っていきたい。

結局ぶち壊せなかった時に感じる無力さが自分は一番嫌なのだから。

もちろん感謝の心を忘れない。

付き合う人・形作るチーム、それらは自分の相似形となるらしい。だからこそ自分を深く見つめ自己改革をしっかりしていく人になる。そして、僕は亀だから自分との約束事を誠実に守り積み重ね、一歩ずつ希望へ歩んでいきたい。

Yes I am

6850万人。

世界では今、6850万人もの人が紛争や迫害を理由に故郷を追われている。故郷を追われながらも人々は必死に生きている。

その一人一人に物語があり、最低限の生活ができているとか最低限の権利保障がされているから良いとかそういう話ではなくて、彼ら一人一人が笑顔で生きていけるようにできたらな良いなと思う。

幸せを望み、願うという人として当たり前の欲求。

それを最近見失っていたように思う。

事業の厳しさ、感謝を望む心。倫理観の間で。

人はそれぞれ違う環境で生きていた。人間としての倫理観を持ちながらも、その上でより多くの幸せを希求することは別に批判することではない。むしろ当たり前のことで祝福すべきことだ。

それを忘れてはいけない。

「世界の誰よりも輝ける、そう信じて生きてきたのは確かなんだ。

でも世界の誰もがそう輝ける、そう信じてこれから生きてゆけたらどれだけ素敵なんだろう。」

 

故郷・家を追われ生きる人々の状況。

逆境に立ち向かいながらも生き抜く人の力強さ。

 

それを直視し、受け止めながらも、僕がやりたいのは、

「困った時はお互い様」

「僕らは助け合うながら、悲しみも喜びも分かち合いながらも一緒に生きていける」世界・その考え方の波及。

難しい・そんなの知るか、という批判色々あるけれども、

僕はそんな世界が美しいと思う。その美しい社会の実現に向けて、動く。

「僕らのこの両手がもっともっと救いの手に変わっていって願ってみて明日の景色が動いていく」

「前だけを見続けよう」

改めて聞く one ok rockのyes I amは心に響いた。

そしてこの曲を初めて聞いた栗城さんのエベレスト挑戦時のテレビ番組の、あの景色・あの自然の広大さが脳裏に鮮明に浮かんだ。

 

僕はその実現のために、実力も、そして人間としての倫理観・価値観をもっと磨かなくてはいけない。

頑張ろう。

 

野生動物のドキュメンタリー

自分はなぜ今を生きているのだろうか?

大学時代の知り合いや仲間・同世代の人たちが世界で活躍している姿を見ると、羨ましく、自分も何かしたい!と思ってしまう。

ないものねだりということではなくて、ただ何か自分も頑張っていたい、ワクワクしていたいと感じる。

何を頑張るのだろうか?

そもそも自分の一生とはなんだんだろうか?どうしたらそのワクワク感を感じれるのだろうか?そんなことを改めて考えている。

 

どうしたら、自分は満足なのだろうか?

ワクワクを身の回りに置きたい。楽しいことを身の回りに置きたい。生きててよかったと感じられる瞬間を味わいたい。

美しい景色・涙が出るような体験を一人ではなくて、仲間たちと味わっていたい。

どうしたらそのワクワクを味わっていけるのだろうか。

ネガティブなことなどは必要ない。人生を前向きに味わっていたい。

ということは、少なくとも「しなければいけない」とか「いやいややっている」とかそういうのは排除しないといけない。

自分がしたくて、ワクワクしていることをしていたい。

一日一日を、どこにいるときも、世界の風を感じて、何を味わい、生きてたい。

「生きるということ」

 

ふと先日、かっこいいなと思う方を知った。

死を ーネガティブな意味ではなくてーいつも意識して生きているという。

 

明日は来ないかもしれない。この人にはもう会えないかもしれない。

そう思っているから

今起こっていること、今手にしているものを全力愛せるのかもしれません。と言っていた。

 

僕も「生きる覚悟」を持って生きていたい。

そして、前向きに、楽しみとワクワクを常に持って生きていたい。

Carpe Diem

8月26日午後1時5分。

同僚の最終日。彼女との旅行。そしていま。

色々なことがあった2週間。

ブログを書こうとは思ったものの言葉にしては、しっくりこなくて消していた。

彼女が帰ってからこの休み。

不安、嫉妬というか後ろめたい感情。仕事への不安と後ろ倒し。癒えない疲労。

すごく疲れていて、起きてはやらなければ行けないことになかなか向き合えずテレビを見て過ごす日々。

今まで仕事一筋できていたところに、大切なものができて、また彼女との未来に向けての準備や諸々わからないことも多くて、精神的な弱さが出ていた。

”ワクワクできてない”

先行きの不安さ、後輩たちの先に進んでいる感じ。相談等もできてないこと。そういうことに捉われた。

明日からまた仕事が始まる。

泣いても笑っても始まる。

信条としていつもあるのは、”どうせやるんだったらベストを尽くす””楽しくありたい”ということ。

言い訳ばかりせずに、現実や不安から逃げずに、今を一生懸命に真剣に生きよう。

主体的に、自分で時間も、自分の人生も考えてコントロールしていこう。

”カルぺ・ディエム(carpe diem)”

その日を摘め、今を楽しめ。その一瞬を全力で生きる。

人生は、時間は平等で有限。後悔しない人生を、人生を謳歌するために、何度でもこのカルペディエムを思い出しトライしようと思う。

 

人に流されないこと。

自分をもつこと。

理想を描き、それを共有し、それに向けて必死で頑張ること。

 

残り三ヶ月しかないのなら、その三ヶ月を真剣に、脇目も振らず頑張ろう。

 

決意表明。